スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肺がんの特徴

2013年01月25日
そもそも人間の肺というところは、全身の血液が集まる場所でもあります。

そのため、もしがんが肺に発症し、それが進行してしまった場合、
他の臓器のものよりも早く転移してしまうことが少なくありません。

また、その転移先としては、脳、肝臓、骨といったところが主な場所となります。

以前に紹介した肺がんの症状に加え、
吐き気や頭痛、腰痛といった症状もみられるようであれば、
がんが既に肺から転移してしまっていることも考えられるのです。

この他、全てのがんにおいて言えることですが、
普段の生活リズムを何も変えていないのに体重がずっと減少しているといったことが起こっている場合、
どこかでがんを発症している可能性があります。

もし心当たりがあれば、一度検査を受けるようにしましょう。
スポンサーサイト

肺がんと喫煙による因果関係

2012年07月05日
これは説明しなくても分かると思いますが、タバコをを吸うことで肺がんのリスクは物凄く高まります。

最近の研究では、一日20本のタバコを20歳から毎日吸う人は、
タバコを吸わない人と比べても肺がんの危険性が90倍にも高まると言われています。

他にも大気汚染により汚染された空気を吸い込むことで肺や皮膚などに悪影響を与えるというのがわかっていることですね。

大気汚染はどうしようもない所がありますが、タバコのほうは本人次第なので出来る限り吸わないようにしましょう。

治療と副作用

2012年04月03日
癌に対する治療は癌細胞だけではなく
同時に正常な細胞も破壊してしまう事を避ける事は出来ません。

副作用や後遺症は必ず起こると考えいていいでしょう。
肺癌も同じで特に小細胞癌は凄い速さで進行し致命的になります。

肺がんに対しては常に強い治療をする必要があり
そのため副作用が強く出てしまいとても苦しい思いをすることもあります。

現在はできるだけ副作用を軽くする為、日々研究が進められていますが
治療にともない様なの副作用が出てしまうことがあります。

症状や疾患率

2011年12月07日
肺がんの主な症状は、
長引く咳や血痰、息苦しさ、声の枯れなどです。

年齢から見てみると、40歳代からの罹患率が高いです。

男女別に見てみた場合は、
男性の方が女性よりも3倍程度、罹患率が高くなっています。

これは喫煙率が男性の方が高いことと関係していると言われています。

喫煙者の方は、その時点で高いリスクがあることを自覚しましょう。

また、癌の死亡者では、男性が1位、女性が2位となっています。

肺がんは、それだけ日本人にとって身近で危険な病気なのです。

◆性病について知れるサイト◆
梅毒 皮膚
C型肝炎 感染力

肺がんとタバコ

2011年10月06日
一般で言われているとおり、
タバコは肺がんの大きな要素となってしまいます。

喫煙者の方は、
それだけで高いリスクを負っていることになります。

その他にも、アスベストやひそ、クロム、シリカ、
コールタール、放射線も、肺がんのリスクを高めてしまいます。

肺がんというのは生存率が大変低胃病気です。

その為、予防が、とても大切なことになります。

もし末期にまでなってしまうと、
その生存率は絶望的なものになりますよ。
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。