FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科学療法とは

2011年11月03日
科学療法というのは、抗がん剤を用いた治療のことです。

肺がんの治療の場合も、
抗がん剤を用いる治療法を化学療法と呼ばれます。

手術のうに局所を療法するのではなく、
血液に乗って、
全身に薬剤の効果を行き渡らせることが出来るので、
転移が進んだ場合にも有効な治療法となります。

効果の大きさは組織よって大きく異なりますが、
腺がんや扁平上皮がんの治療には、
効果が限定的という欠点があります。

その為、腺がんや扁平上皮がんの治療には、
手術が主要な治療方法となっています。
スポンサーサイト

肺がん治療薬イレッサ

2010年12月07日
いつまでも治療に論議が続く肺がん治療薬イレッサですが、この先どうなるのでしょう。
体質的にイレッサが合致する人の場合だと、様子を見ながら治療するケースもあるでしょうが、やはり慎重に事前の適正検査を受けてから治療をはじめるべきでしょうね。
遺伝子適正検査じたいも精度が上がってきているわけですから、どうしてもイレッサを試みてみたい患者さんは医師に相談してみるのもよいでしょう。

しかし、イレッサには体質的に合わない場合だと重篤な副作用があることを忘れないでください。
その代表は間質性肺炎です。
その他にも息苦しく感じたり、発疹、熱、ただれや下痢などが起こってしまいます。
特に間質性肺炎に関しては、かなりの注意が必要です。
死亡する例もあり、薬害訴訟が起こるほどですから。

体質的に合えば劇的に肺がん治療に効果のあるイレッサなのですが、合わなければ治療ばかりか全く効果がないまま死亡してしまうと考えた方が良いでしょう。

肺がんの脳転移

2010年12月01日
肺がんの転移でよくあるのが脳転移です。
主に血液を伝わって脳に転移します。
特徴としては頭蓋骨の下で脳をおおっている硬膜に転移します。
原発のがんの治療成績が向上したことにより生存率があがった結果、転移性脳腫瘍が増加しています。

症状としては、痙攣、麻痺、感覚障害、人格変化、精神症状、ふらつきなどがあります。
腫瘍が大きくなることで頭痛、吐き気、嘔吐など、頭蓋内圧が高くなったときの症状が現れてきます。
がん細胞が脳の表面を流れる髄液の中に転移すると、手足の痺れ、背中の痛み、首が硬くなるなどの症状も現れてきます。

治療は切除、ガンマナイフ、薬物療法などがあるのですが、最初にできたがんが既に治っているかどうか、少なくとも予後が半年以上期待でき、かつ転移性脳腫瘍がひとつであること、または2個以上の転移があったとしても1回の手術で同時に切除できるケースのみに行なうことになると思います。

いかに肺がんの検査で病院へ行くことが大切かわかります。

小細胞肺がんの治療

2010年10月15日
小細胞がんは、限局型と進展型に分けて治療する方法が行われています。
治療の中心は、おもに抗がん剤による化学療法です。

限局型の場合、抗がん剤による化学療法と放射線療法の合併治療、または、
脳転移を予防するための脳への放射線療法などが行われます。
抗がん剤による化学療法、予防的全脳照射を行うこともあります。
極めて早期の場合は、外科手術を行い、その後で抗がん剤による化学療法、予防的全脳照射を行うことがあります。

進展型の場合、抗がん剤による化学療法(予防的全脳照射を行うこともあります)、もしくは、骨転移や脳転移などの遠隔転移による症状や苦痛を和らげたりする放射線療法(縦隔リンパ節転移による顔・首のはれを和らげる目的で放射線療法を行うことがあります)のいずれかが選択されます。

がんが肺や他の臓器に再発した場合、治療は以前にに効果のあった抗がん剤による再治療、他の抗がん剤による化学療法、再発部位に対する放射線療法、苦痛に対する症状緩和を目的とした緩和療法のいずれかが選択されます。
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。