スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンパへの転移

2011年06月09日
ガン細胞といおうのは、血液に乗って、
他の場所に転移することがあります。

肺がんの場合も例外ではなく、
様々な場所に転移する可能性があります。

もし、リンパ節にガン細胞が
広がってしまうと、
咳が出るようになってきたり、
首の部分のリンパ節が
硬くなるといった症状が出てきます。

縦隔のリンパ節に転移した場合は、
上半身に「むくみ」が出てきたり
呼吸困難を引き起こす可能性があります。

もし、少しでも不安に感じる症状がある人は、
病院に行って検査を受けるようにしましょう。
スポンサーサイト

骨に転移

2011年06月01日
肺がんは骨に転移することがあります。

骨に転移すると、骨を壊している
破骨細胞を利用してガン細胞が
住み着いてしまい、さらに増殖してしまいます。

特に体の中心に近い場所にある骨に転移すると危険です。

転移すると症状として、腰や手足の痛みや、
背骨の神経が圧迫されるような感じがしてきます。

手足の麻痺や、骨が脆くなってくることで、
病的骨折が起こることがあります。

また、肺がんの骨転移の進行・症状を抑えるには、
ビスホスホネートと呼ばれる薬を使用したり、
放射線治療や鎮痛剤で症状を緩和します。

脳への転移

2011年05月19日
肺がんの転移は脳にまで及ぶことがあります。

ガン細胞が、血液を媒介として
脳転移を起こしてしまうと、
その脳の部位によって
異なる症状を示すようになってきます。

具体的な症状としては、言語障害や、感覚障害、
麻痺、けいれん、悪心、吐き気、ふらつき、
頭痛、人格変化、などの症状となります。

脳には、ガンが転移してしまうと、
抗がん剤が十分に届かない為に
治療にはガンマナイフや
手術を用いることになります。

▼自分の為にも知っておきたい怖い病気のサイト
胃癌の初期症状を知る

骨への転移

2011年05月03日
肺がんが骨に転移した場合は、
ガン細胞が破骨細胞を利用して増殖します。

転移は、肋骨や腰椎、胸椎、大腿骨、
骨盤といった体の中心に近い骨にも危険が及びます。

主な症状は、腰や手足の痛みや、
背骨の神経が圧迫されることで
手足の麻痺が起こったり、
骨が脆くなることで病的骨折が発生します。

肺がんが骨へ転移するのを抑えるには、
ビスホスホネートと呼ばれる薬を使用したり、
症状を緩和させる放射線治療や鎮痛剤、
神経ブロックを使うことになります。

▼病気を知るのに役立つサイト▼
梅毒の感染についてのページへGo
エイズ検査を大阪で
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。