スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肺がん

2010年09月30日
肺がんはその名の通り肺にできるがんです。
がんとは、悪性の腫瘍のことを言い、腫瘍の中でも浸潤性に増殖し転移するなど悪性を示すもののことです。
生体の細胞がコントロールを失って、無制限に増殖するようになったものが悪性腫瘍です。
こうしてできた異常細胞の集団が腫瘍であるわけです。
この腫瘍が浸潤性に増殖していく場合、悪性腫瘍であると言えます。

肺がんは気管、気管支、肺胞の細胞が正常の機能を失って増えることにより発生します。
最近、がんの発生と遺伝子の異常についての研究が進んでいますが、細胞がなぜがん化するのかはまだ十分にわかっていません。
がんは周囲の組織や器官を破壊して増殖しながら他の臓器へと拡がり、多くの場合で腫瘤を形成します。
また、他の臓器にがんが拡がることを、転移と言いいます。
肺がんの初期症状は風邪と非常によく似ており、見逃されがちです。
« 肺がんと喫煙 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。