FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肺がんの症状

2010年11月22日
肺がんの症状ですが、初期はほとんど自覚症状がありません。
つまり、自覚症状が現れたとしたら、肺がんはかなり進行している状態にるとも言えます。
肺がんは、がんの腫瘍ができる場所によって、肺門型と肺野型に分類されます。

肺門型は気管支付近の肺がんであり、肺がんの一般的な症状である咳や痰といった症状が現れます。

肺野型の肺がんは、肺の奥にがんの腫瘍が発症します。
このため、自覚症状がほとんどないので、異変を感じた頃にはかなり進行している場合が多いです。

肺がんに現れる初期症状には、血痰や酷い咳の出る症状があります。

やたらと咳が出始め風邪に似た症状が現れ、同時に発熱を起こす場合があります。
このせいで風邪と勘違いして市販の風邪薬を飲まれる方が多いですね。
その後、症状が進むと痰に血の混じった血痰が出ます。
この血痰にはがん細胞が混ざって出る場合もあります。
また、声枯れの症状も現れ、身体がだるくなったり食欲不振がなくなったりして、時間が経つにつれ痩せてきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。