スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肺がんの種類

2011年01月13日
肺がんを起こしてしまう癌細胞にも種類があり、性質やできる場所が異なるようです。
癌細胞も小細胞、非小細胞と、二つに大きく分けられていて、肺がんの治療法なども違っているのです。

癌細胞で分けている肺がんの種類として、腺がんは肺の奥でこまかく枝分かれした先にできる癌の事で、タバコを吸ってない人や女性でもなる肺がんとなっており、肺がん全体での半数が腺がんと言われています。

タバコとの関係が非常に高い肺がんとされている、扁平上皮がんと呼ばれているものは、ほとんどが肺の入り口部分(気管支)にできます。

他に、腺や扁平上皮など、体の正常な組織に似た箇所がないがんのうち、大きな細胞を大細胞、小さな細胞のものを小細胞がんと呼ばれています。
小細胞がんは肺がんの他の種類に比べると、発育する成長が早くて転移もしやすい特徴を持っていて、肺の入り口部分にできやすい癌です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。