スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小細胞肺がんと非小細胞肺がん

2011年03月15日
肺がんは、顕微鏡で
細胞がどのように見えるかで2種類の、
非小細胞(ひしょうさいぼう)肺がん、
小細胞(しょうさいぼう)肺がんに
分けられています。

2種類の肺がんは、
異なる方法で成長して広がり、
異なる方法で治療されるようです。

小細胞肺がんは、
非小細胞肺がんより頻度は少なくなっています。
小細胞肺がんは急速に成長して、
体の他の器官に広がりやすくなっています。

【PR】東京のマッサージを自宅に出張してもらおう

非小細胞肺がんは、
小細胞肺がんより頻度が高くて、
通常はゆっくり成長して広がっていきます。

また、非小細胞肺がんには
3種類の代表的な型があるのです。

がんが示す細胞の型で命名されていて、
扁平上皮(へんぺいじょうひ)がん、
腺(せん)がん、
大細胞(だいさいぼう)がん、となっています。

【PR】オイルマッサージを埼玉で受けたい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。