スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内視鏡検査

2011年05月11日
肺がんの検査は内視鏡によって
行なわれることもあります。

内視鏡検査は、局所麻酔と使って
気管支鏡を鼻や口から挿入して検査します。

そして気管支の中を観察することで
肺がんの発生を確認するのです。

また、病変から組織を採取することで
生検に活かすこともできることが特徴です。

内視鏡検査は、外来で行うことができ、
入院する必要はありません。

通常の気管支鏡よりも
細い極細径気管支鏡を使うこともあり、
この場合は、肺の末梢まで入れることが可能です。

【性病検査に役立つサイト】
気になる泌尿器科① 埼玉情報
気になる泌尿器科② 福岡情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。