スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肺がんについて

2011年09月14日
肺がんは、発症しても、
初期の頃は目立った兆候がありません。

そして程度進行してくると、
やっと自覚できるようになってきます。

肺がんは、初期症状が出にくいので、
早期発見をする為には定期検診をすることが必要になります。

レントゲンを撮影で異常が見られたら、
細胞検査や組織検査により詳細に調べることが出来ます。

早期発見することが出来れば、
一般的に生存率は高くなります。

なるべく早い内から治療できるようにしましょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。