スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小細胞肺がんの治療

2010年10月15日
小細胞がんは、限局型と進展型に分けて治療する方法が行われています。
治療の中心は、おもに抗がん剤による化学療法です。

限局型の場合、抗がん剤による化学療法と放射線療法の合併治療、または、
脳転移を予防するための脳への放射線療法などが行われます。
抗がん剤による化学療法、予防的全脳照射を行うこともあります。
極めて早期の場合は、外科手術を行い、その後で抗がん剤による化学療法、予防的全脳照射を行うことがあります。

進展型の場合、抗がん剤による化学療法(予防的全脳照射を行うこともあります)、もしくは、骨転移や脳転移などの遠隔転移による症状や苦痛を和らげたりする放射線療法(縦隔リンパ節転移による顔・首のはれを和らげる目的で放射線療法を行うことがあります)のいずれかが選択されます。

がんが肺や他の臓器に再発した場合、治療は以前にに効果のあった抗がん剤による再治療、他の抗がん剤による化学療法、再発部位に対する放射線療法、苦痛に対する症状緩和を目的とした緩和療法のいずれかが選択されます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。